教育とITC Online

ニュース

2013年3月28日

長崎大学とマイクロソフトが教育現場でのICT活用セミナーを開催

「21世紀の教室」の取り組みやWindows 8、Office 2013を紹介

(執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
冒頭で挨拶をした長崎大学副学長(情報担当)で情報メディア基盤センター長の松田浩教授
冒頭で挨拶をした長崎大学副学長(情報担当)で情報メディア基盤センター長の松田浩教授
画像のクリックで拡大表示
日本マイクロソフトの河端洋幸氏が、同社の教育分野での取り組みを紹介した
日本マイクロソフトの河端洋幸氏が、同社の教育分野での取り組みを紹介した
画像のクリックで拡大表示
「21世紀の教室」を説明するスライド。これが実現した背景として、タッチ操作に本格対応した「Windows 8」、メッセージインフラとしての「Office 365 for Education」、教職員のコミュニティ「Partners in Learning(PiL)」の3つがそろったことが挙げられるという
「21世紀の教室」を説明するスライド。これが実現した背景として、タッチ操作に本格対応した「Windows 8」、メッセージインフラとしての「Office 365 for Education」、教職員のコミュニティ「Partners in Learning(PiL)」の3つがそろったことが挙げられるという
画像のクリックで拡大表示
会場には、デル、富士通、日本ヒューレット・パッカードの3社が、Windows 8のパソコンやタブレットを展示。自社製品の特徴や、Windows 8、Office 2013の使い方などをデモした
会場には、デル、富士通、日本ヒューレット・パッカードの3社が、Windows 8のパソコンやタブレットを展示。自社製品の特徴や、Windows 8、Office 2013の使い方などをデモした
画像のクリックで拡大表示

 長崎大学の情報メディア基盤センターと学術情報部は2013年3月27日、これからの教育現場のパソコン環境を考える「第1回 長崎大学ICTセミナー」を開催した。日本マイクロソフトが共催し、同社の教育分野での取り組みを紹介するとともに、Windows 8、Office 2013、Office 365といった最新ツールの教育現場での活用を提案した。

 長崎大学は昨今、教育改革の一環として、学内の情報基盤の整備を進めている。2013年度には、教員や学生間のコミュニケーションやポートフォリオ作成などを支援する「LACS(Learning Assessment & Communication System、主体的学習促進支援システム)」を導入する予定。全学に無線LAN環境を整備することや、学生に対してパソコンを必携にすることなども検討中だ。今回のセミナーは、こうした取り組みに関連して、学生にとって必要なICTスキルや、ICTを活用した教育の最新事情を解説するのが狙い。長崎大学をはじめとする長崎県内の教職員や学生などおよそ80名が集まった。

 日本マイクロソフトからは、パブリックセクター統括本部 文教本部 ソリューション部 ソリューションスペシャリストの河端洋幸氏が登壇。同社が運営する「21世紀の教室」など、教育分野での取り組みを紹介した。

 「21世紀の教室」は、同社が品川本社に設置した、ICTを使った模擬授業を体験できる施設。マイクロソフトが全世界で展開する教育分野でのICT活用提案活動「Windows in the Classroom」の一環として、2012年11月にオープンした。Windows 8を搭載したタブレット、メールや情報共有などの機能を提供する「Office 365 for Education」、各種デジタル教材などを活用しながら、子供の創造性や思考力、コミュニケーション力を伸ばすための授業を実施する。運営には、教科書会社などパートナー各社と協力。予約制で、教育関係者を対象に実施し、地方開催の相談も受け付けている。

 河端氏によれば、こうした21世紀型の授業を実現できるようになった技術的な背景として、Windows 8の登場は大きいという。タッチ操作に本格的に対応したWindows 8タブレットを1人に1台用意することで、より直観的な操作でICTを活用できる環境が整う。また、情報を共有しながら協働して学習するためのインフラが整備されたこともポイント。同社のクラウドサービス「Office 365」を教育機関向けに提供するOffice 365 for Educationがこれに当たる。さらに同社では、教職員がノウハウを共有したり、提案したりできるコミュニティ「Partners in Learning(PiL)」を提供し、教育の質や指導力を高めていくための支援を行っている。

 このほかセミナーでは、日経BP社から「日経パソコン」副編集長の田村規雄氏が講演。パソコンの基礎的な操作だけでなく、ソーシャルメディアの上手な活用法や、セキュリティや著作権に関する知識など、学生として身に付けておきたいICT活用スキルについて説明した。併せて、同社が4月にスタートさせる教育機関向けクラウドサービス「日経パソコンEdu」の取り組みなども紹介した。


もっと詳しく  教育とICT特設サイト

関連記事

キーワード

Windows 8

【好評発売中!】
日経パソコン 2014年12月8日号

特集1 パソコン周りのイライラ解消法
特集2 セキュリティソフトの選び方
特集3 フローチャートでアイデアを整理!

ショッピング

 
 
日経パソコンEdu

最新ランキング

PC Online会員登録

最新刊のご案内

  • 日経ベストPC+デジタル2014冬号

    日経ベストPC+デジタル
    2014冬号

    【最新PC購入術】新Office、新CPUが登場!
    ●最新タブレット購入ガイド ●新世代スマホ購入術
    ●Wi-Fi&モバイル通信 最強活用術
    ●周辺機器オールカタログ ★特別付録付き

  • PC自作の鉄則!2015

    PC自作の鉄則!2015

    ★パーツ選びからトラブル解決まで★
    自作で必要な要素を6つのパートに分け、
    基本から応用、最新トレンドまで幅広く解説。
    全ての自作ユーザーの必携書!

  • 日経PC21【保存版】バックナンバーDVD2011-2013

    日経PC21
    【保存版】バックナンバーDVD
    2011-2013

    ★好評発売中!★
    2011年1月号~2014年4月号の
    過去3年+4カ月分の本誌40冊分の記事と、
    この期間の冊子付録およびディスク付録、
    全14点分のコンテンツを1枚のDVDに収録!

  • 2014年最新版アンドロイドは初期設定で使うな

    2014年最新版
    アンドロイドは初期設定で使うな

    スマートフォンを買ったものの、「使いにくさ」や
    「動作の遅さ」、「バッテリーの持ちの悪さ」などに
    悩んでいる人のための「アンドロイド端末」活用の
    決定版です。

最新の誌面から

  • 日経パソコン 2014年12月22日号

    日経パソコン 2014年12月22日号

    パソコンを仕事と生活に活かす総合情報誌
    ・ネットの怪現象に対処する
    ・パソコン不要のデジタルグッズ
    ・画像ファイルの保管と活用の最新ワザ ほか

  • 日経PC21 2015年1月号

    日経PC21 2015年1月号

    ビジネスマンのパソコン誌
    ・ベールを脱いだWindows10
    ・思い出をデジタルで永久保存
    ・パソコン×スマホでクラウド手帳術 ほか

日経パソコンスキルアップ倶楽部