徹底解説!Office2010印刷テクニック

2012年12月7日 page:1/4次へ

【Excel 2010】第2回 作業時間を大幅に短縮できる一括印刷ワザ

高橋量=ライター

印刷ページ
(執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 Excel 2010のブック(文書ファイル)には、複数のワークシートを保存できる。関連する資料をひとつのファイルにまとめられるので便利だ。だが複数のワークシートを印刷する場合、いつもどおりに印刷を行なっても編集中のワークシートしか印刷できない。まとめて印刷するには、ちょっとしたコツが必要なのだ。そこで今回は、大量の資料を印刷する際に便利な一括印刷ワザについて紹介しよう。

すべてのワークシートをまとめて印刷する

 まずは、ブックに含まれるすべてのワークシートを印刷する方法について紹介しよう。バックステージビューから印刷設定画面を開き、印刷範囲設定で「ブック全体を印刷」を選択。これで、全ワークシートを一括印刷できる。

複数のワークシートを含むブックの例。画面下部のタブをクリックすることで、編集中のワークシートを切り替えられる
拡大表示

印刷設定画面を開き、印刷範囲設定から「ブック全体を印刷」を選択する
拡大表示

プレビューを確認すると、ほかのワークシートも印刷範囲に設定されていることがわかる。このまま「印刷」をクリックする
拡大表示

 すべてのワークシートを印刷する場合、必ずプレビューで各ワークシートの状態を確認しておこう。用紙設定が違っていたり無駄な空きがあると、正しく印刷されないためだ。不要なワークシートが含まれていると用紙の無駄になるので、あらかじめ削除しておくこと。


Epson special